髪、ヒゲ、体毛、人間にはいろんな箇所から毛が生えていますが、これらはどういった役割があるのか、そして現代人はどう考えているのか?

最近の私のヘアスタイル。なぜこれになったかと言えば・・・

ヘアスタイル

最近の私のへアスタイルは、肩より少し長めで、ゆるくウェーブがかかった形です。
よく考えると最近は、ヘアスタイルをあまり変えていないですね。
理由は、今のヘアスタイルが一番私に似合っていると、分かったからかもしれません。

ショートにすると、はねたりして形がまとまらない事があるし、
髪型によっては一気に老けたように見えることもあるので嫌なんですよね。
私の場合は、まだ子供が小さくて手がかかり、
髪の手入れをしている時間も、ゆっくり美容院に行く時間もないので、
つい自分にとって楽な髪型に落ち着いた感があります。
それにヘアスタイルを変えると、今まで着ていた服が似合わなくなることもあるんです。
髪型を変えなくなったのは、考え方が保守的になってきたせいもあるでしょう。

そういえば、昔は髪型を頻繁に変えていましたね。
ショートから背中までのロングを数年ごとに繰り返していたような気します。
ロングからショートにしてしまうと、次に伸ばすまでが大変なんですけど、
前髪をアレンジしたり、パーマをあてたり、カラーリングしたりして変化をつけていました。
髪型を変えたときに、「髪型変えたね。似合ってるよ。」と言われるのが嬉しくて、
美容院に行くたびに、次はどんな髪型にしようかな~と思っていたのです。
長い髪をばっさり切ると、必ず「失恋したから」じゃないかって考える人がいますね。
女性にとって命だと言われている髪を切るのだから、
気持ちを切り替えて、新しい生き方を求めている場合もありますね。
私も、さすがに失恋したからという理由ではありませんが、
進学や転職する際に、心機一転の意味でバッサリ切っていたような気がします。
ヘアスタイルを変えると、何か良いことがあるような気がするんです。
こんな話をしていたら、今の生活からリフレッシュするために、
またヘアスタイルをちゅっと変えてみてもいいかな~って気持ちになってきました。
女性と髪の毛は、心理面で大きく関わりあっているので、
昔から「髪は女の命」と言われているのでしょうね。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional